FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

マンタレイ【1】 ボディー ギヤボックス モーター

2018/06/11 14:48

今回は、ボディーから作っていきます。
写真 2018-05-27 15 14 37
切り取りは難しいところはないです。
曲ばさみで、向きを変えながら、サクサク切っていきます。
そのあと 切ったところを、1000番やすりで、削って切った後を処理していきます。
この時スポンジなどをやすりに当てて、すべって内側や外側に傷をつけないようにします。

中性洗剤で洗います
写真 2018-05-27 15 18 10
色によってスポンジの硬さを変えています。 クリアやサテンシルバーを使う場合は、軟らかいスポンジで洗いますが、
普通の色の場合は、傷をつくぐらいの荒いスポンジでこすります。
窓のところも、マンタレイは黒で塗るので荒いのでしっかり、こすって洗っています。

マスキングは、本当は、濃い色から塗るので、シルバー側をするのですが。。
写真 2018-05-28 17 46 02
面積の少ない方をいつもやっています。 裏打ちをしっかり入れるので、他に色が移らないように気を付けます。
まずは、シルバーを吹くのですが、5~6回ぐらいに分けて吹いています。
乾かしたあと黒を吹いてから、裏打ちは、シルバーで吹きます。
一番苦労するのは、ウイングの角の部分で、全然色が入らないので、角度を変えながら何度も吹きます。

完成するとこんな感じです。
マンタレイ-01
ブラックとシルバーです。 最近は、ブライトシルバーの方が、好きなのですが。。
輝きが明るいのです。 サテンシルバーは、自分が映るほどのシルバーでこれも綺麗なのですが、
ちょっと塗るのが難しいです。 スーパーショットで失敗しましたので、、、
次回買い直してリベンジしようと思っています。

TA-01型ギヤボックス
写真 2018-05-28 23 27 27
面倒なので、ベアリングは入れておきますが、飾り用なので、グリスは抜いておきます。
このギヤボックスは、組み立ててから、すぐにばらせるのでめちゃくちゃ便利なのです。
現状のバギー。。いや、ほとんどの車は、メンテナンス性が悪くなってきている気がして、
なかなか、ギヤまでたどり着きにくくなっています。 初心者には、こういう車の方が、
本当は、勉強になるのではないかと思います。ただ・・・オプションが無さ過ぎて、
追加の改造の面白さは減っているので、新しい車がお勧めになるんですよね・・・。

ギヤボックス完成です。
写真 2018-05-28 23 32 49
ピニオンは21枚入っていますので、8.59:1ですね。 540ノーマルで競争していますので、
四駆でもギヤ比は、6.9:1ぐらいまで詰めていますので、ハイスピードギヤが発売されるまで、
出番はないとおもいます。 スカイラインハイスピードギヤですね 発売というか再販ですね。。
あと、アルミモータマウント走らせるなら、買っておいた方が良さそうです。
放熱と、折れ防止ですね。。


[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事

マンタレイ作成&考察

2018/06/06 18:15

マンタレイ作成1
写真 2018-05-28 12 29 03
1990年が初版らしいのですが、もう、高校生だったため、ラジコンブームは、子供がするものっていう感覚で
自分の中では、終わってましたので、知らないシャーシですし、ボディーもわかりません。
周りがトップフォースを買っていますので、何か廉価版で追いつけないかと、どうやら、これが
その車らしくまさに同じ系統なのです。カリカリにチューンされたマシーンではなく、
初心者に扱いやすい(組み立てやすさ)ものになっています。
実際当時これに気づいても買っていたかな?は謎です。 ホットショットと同じ時期に出ていたら、
間違いなく コーナリングマシーンだったでしょうね。うらやましい構造にはなっています。

さてベアリングは2種類使われていて
850ベアリングが6個
1150ベアリングが16個

必要になります。

いつものネジの数を数えると必要本数は
型番     サイズ     必要本数
NTR -208   2×8mm     12本
NSR-306   3×6mm      2本
NSR-310  3×10mm      47本
NSR-315   3×15mm      2本
OP-1409  3×14mm段付き  14本
OP-1550  3×18mm段付き  4本
※OPネジの入ってる本数は、サイズによって違いますので、それぞれの袋数は別になります
ピニオンは21枚がついていますので、ハードコートかスチールに交換するとよいです。
TGE-821 スチールピニオン 21T
とまぁ基本セットはこんな感じです。オプションで書かれているものは、
ボールデフセットと書かれていますが・・・・現在希少価値高いので タミヤさん??って感じです。
トップフォースは前後標準装備ですがマンタレイは付いていません。
OP-70 マンタレイボールデフセット
ただ走り方によっては、調整できるのでボールデフセット欲しいところです。
また、私個人的には、曲がりと加速を両立させたいので、
OP-200 フロントワンウェイユニット
が必須です。こちらは、現状も普通に売っています。
理想は、フロントはワンウェイでリアがボールデフなのです。
ワンウェイをつけるためには、ノーマルのマンタレイのギヤも使うので、そのまま 取り付け可能です。
47373 マンタレイ ハードプロペラシャフト&アルミモーターマウントセット
これも 交換しておきたいところです。
センターシャフトは、速いのを使わない限りは大丈夫なのですが、ねじれてきますw
モータマウントは、ネジ山がすぐ潰れたり、折れたりするので、放熱性を兼ねて交換することをオススメです。
OP-791 DF02 アッセンブリーユニバーサルシャフト
あとは、もっと正確に曲がるようにするには、デフもそうですが、せめて フロントだけでも、ユニバに変える事をオススメです
また、これをつけると脱落がなくなりますので、曲がっている時にぶつかって、抜け落ちるなんてことはありません。
OP-217 強化ジョイントカップ
これは、ギヤボックスから、足回りに行っているものですが、意外と削れて来るので、そうなると、加速時にもたついたり
コーナーリングが安定しなくなったり、抜けやすくなるので、そうなってからの交換で良いと思います。
OP-926  DF03 アルミダンパーセット
いつかの、アルミダンパーパワーアップですね。最初のうちは、これの良さが分かりませんでした。
なので、高いだけの物になりかねないのです。公園で遊ぶ程度なら、全く必要ないかと思うのですが、
マンタレイもオイルダンパーついてますし、それで、半充分なのです。ジャンプや長期走行にて 差は大きく出ますが。
まめにメンテナンスしてあげれば大丈夫です。なぜ 半かというと、Oリングの滑りがいまいちで、
これが動作の半分を邪魔している感じがするので、もし、アルミダンパーに変えないのであれば、
42137 TRF オイルダンパー用コンペティション Oリング
これで、見違えるように、良くダンパーが動く感じになります。
タミヤ 42129 TRF VGダンパーグリス
これを塗るとさらに オイル漏れやピストンの動きをよりよくなるので、ノーマルに見える車でも
こういう所をしっかり塗ったりしていると、車も大きく差が出るという事です。
SP-1000 ハイトルクサーボセイバー
最後に私が必ず買うものです。時々旧車では付かないものが存在するのですが、マンタレイは大丈夫です。
これが無いと、ハンドルがかっちりと動かないのです。切っても 切負けしたり戻らなかったりで、
まっすぐ走らないという事にもつながります。走らせるうえでこれが一番必要な気がします。

と まだまだやれることがこの車には、たくさんありますので、育てがいのある車であることは間違いないです!!
ただ、安く済ませたいっていうのであれば、トップフォースを買う方が手っ取り早く結果的に安いです。
ただ ラジコンを知るには、マンタレイから、始めるのも良いと思います。

しかし部品点数が少ない だからこそ 子供でも組み立てができる
写真 2018-05-27 15 22 09
良い意味でも悪い意味でも捉え方なのですが、部品が少ないです。
熟練者になれば、これ、すぐ組みあがりそうです。少し物足りないかもしれませんが。。

これみたことあるやつ~♪
写真 2018-05-27 15 21 35
これ見た時に、レーシングランサーを思い出したのです。このシャーシ 名前はないけど
DF-01っていうやつなの??詳しくはわからないのだけど。。。
ていう感じです。 TA-01とも書かれてましたが、 この系統色々な車に使われていたので
バギーやラリーやツーリングなどでいまだに発売されている人気シャーシになっていますね。

ボディーは穴が開いてるのでリーマーなどはいりません
写真 2018-05-27 14 49 19
難しい部分は切り抜かれています。 比較的切りやすいとは思いますが、
普通の鋏で切るよりは、タミヤの曲線ばさみを使うことをオススメします!

TRFのプラスネジが使いにくくて
写真 2018-05-29 14 32 12
結構高いのに使いにくいのです。 タミヤの製品を組み立てているのに こんなに、ネジに合わないドライバーだなんて・・
結構高い確率で、力がいる場所では、なめてしまいます。また 一つ 大きいやつを使うと、
ネジは合うのですが、車体の穴に入っていかないので、それも 結局使えなくて、逆に100円均一の
ドライバーの方が・・・・(これ以上はいえませんw)
なので、クラフトツールのドライバーを買ってみました。800円ぐらいだったかな??
これでも 良い値段しますよね?w 

よく見ると先がとがってないのです
写真 2018-05-29 14 32 31
このとがった分細かいネジには対応しますが(ミニ四駆のネジは潰してしまいますので使わない方がいいです)
普通のネジには、浅いのでかかりをつぶしてしまっていたのですが、クラフトツールは、
先が切り取ったようについていませんので、ぴったりとフィットします。
高いお金を払ってるので、良いドライバーなので使いやすいはずと頑なにTRFドライバー使っていましたが、
正直クラフトツールの方が、組み立てやすいです・・・・。また太さもちょうどいいので、
2×ってでると、これは締めれないのですが、それ以外の普通の3㎜のネジは、ばっちり締めれますし
また シャーシやアームなどプラスチックがへこんだ部分にも入っていくので、使いやすかったです。

ダンパーステイの交換なども、含めるとまだまだ先がありますね。何処でやめるのか? どこまでも行くのか?
後悔の無いラジコンライフを!!


[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事

BigWig 作成その4 完成

2018/03/22 19:04

人はいませんが・・・完成です
Bigwig -1
ボディーやっと完成です。 
という事で1年かかったのかな??完成に。 今まではすぐに出来上がってたのですが、
最近は、なんかすすまないですね~。 年なのかしら。

完成といっても 人形は、乗らない状態です。
マイティ―も、ホットショットですら・・人形が乗ってないのです。
本当は乗せたいのですが、塗装が進歩しなくて・・ いつも辱めの顔になるのです。

ともあれ 満足完成です
Bigwig -3
確か人形のほかに、後ろの白い部分も なにか、デュヒューザーみたいのものが、あった気がするのですが、
1年もたてば・・無くしていました。 見た目には、わからないので、気にしなくはなりましたが、
ちょっと 黒のBigWigも気になったのですが、純正色のブルーです。

いざ出来上がるとカッコいいですね
Bigwig -5
黄色や青や派手な配色でしたが、出来上がってみると、これはこれで良く出来てるなーと思います。
何故か。。。 このボディー中学校の頃に見た時には プラスティックボディーだった気がするのですが。。
興味もうすく 再販もないと思っていましたので、調べてもいない状態です。

今年旧車対決するらしいのですが、4月に始まるようです。
この車で走ったら、きっと楽なんだろうなぁ?って想像はついています。
仲間同士の遊びなので、いつもその場真剣勝負になるのですが、
今年はホットショットとフロッグで勝ち続けたいところですね。
[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事

Bigwig 作成その3

2018/02/04 17:25

ステアリング周りです。
Bigwig2-04.jpg
ブーツをはかせてこの中にプラギアで引っ張り加減を均等にするようになってきています。
ブーメランを作ったことがないので、仕組みが同じかどうかはわからないのですが、
この後のファイヤードラゴンシャーシになるともっと 簡易的で効率が良くなった気がします。
以前のホットショットやスーパーショットは、サーボが片方によっているために、
右と左では、引っ張る角度が変わるので 左右対称じゃなく 厳密にいうと 左右で曲がり方に
差が出たのですが、ビッグウイッグでは解消されてきている感じですね。

サーボを取り付けたのですが、、
Bigwig2-05.jpg
特殊なサーボホーン形状のおかげで、ハイトルクサーボセイバーが使うことが出来ません。
この点が、唯一 個人的にこの車を残念に思うところです。
当時のものの再現も良いのですが。。 良し悪しですね。 京商の用に
形そのままで(若干は変わってるけど)ジャベリンやトマホークのように現在風加工も嬉しいものです。
チェーンで組み立てましたが、ベルト対応とか。。。

リアギアボックス取り付け
Bigwig2-06.jpg
マフラーですよね?? この黄色いの・・・ なんか シルバーがマフラーイメージなんですけどね~。

フロントギアボックス取り付け
Bigwig2-07.jpg
特に困ることもなく、サクサクと順調に・・
メカは、最後に取り付けするので、この時点では、放置です。

だいぶ形になってきました。シャーシ完成までもう一息
Bigwig2-09.jpg

フロントダンパーの取り付け
Bigwig2-10.jpg
やはり、赤の Oリング・・・動きが渋いです。飾りになる感じもするので、そのまま作りましたが、
組み立て時に使うOリングを使わずにTRFの青いOリング使うとノーマルでもかなりスムーズに動いてくれます。
もし、走行させるなら、それだけ入れ替えようと思います。

リアダンパーも渋いですw
Bigwig2-12.jpg
これも 赤から青に変えると動きがだいぶ変わりそうです。
前後でダンパーの太さ大きさが違うので、間違えないように注意です。

いつも塗るのですがガンダムマーカーシルバーで
Bigwig2-13.jpg
タイヤは、シルバーで塗るとカッコいいのです。 ゴールドも時々使いますが、
どちらも所有してると、雰囲気がでます。 走るとすぐに、消えてなくなるんですがね~。。

ついにシャーシ完成です。
Bigwig2-14.jpg
なかなか、配色が・・・まだ、 嬉しくないです。。 
ホットショットの改良された感じ・・・という 感じがします。
また、ホットショット2は、形戻っているように見えるのですが・・。。 発売されたら、買ってしまうんだろうなぁ。。
だんだん、部屋に置く所なくなってきています。

次回はサクッとボディーを塗って完成へと!! 
今回の良いと思うオプションパーツは TRF Oリングでした~!

[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事

BigWig 作成その2

2018/01/29 13:50

長いこと放置してたのですがボチボチやっていきます。
アッパーアームの組み立てです。 まぁ 特にすることも無いのですが
20170528204013.jpg
スクリューピンが銀色なのです。場所によって、色が変わるので、間違いにくいのか
統一性がないために、不細工になるのかってところです。。

リアのロアアームです。
20170528210126.jpg
最初からベアリングが入ってますので、プラからの交換不要で助かります。

リアのロアアームの取り付けです。
20170528212610.jpg
ここには、シルバーのドックボーンを入れます。 前後で若干長さが違います。
取り付け時に間違わないようにってことですね。
特に難しい感じは、どこにも 見当たらないです。 ず~っと 組み立てた記憶はないのですが、
懐かしさだけが、湧いてきます。

リアギアボックス周り完成です。
20170528214603.jpg
え~っと この ダンパーステイ除いたら ホットショットですよね・・・・
結構この部品使いまわしてたんですね~。これをもとに フレーム構成が変わっていたのだなんて
子供のころには考えもしなかった頃です。 走れば楽しかったんですよ。
BigWigは、別格の速さでしたし、 モーターとバッテリーとベアリングが、ホットショットとは違う・・・

フロントアップライトですが・・・・
20170528221236.jpg
これ・・・すでに間違ってます。 間違ってると気づいたのは、ギアボックスとシャーシがくっついて
ステアリング周りの時だったので、この時点から 少し間違ってる写真で進行していきます。

もともと ランナーについてたパーツが 不用品で 別に袋に入っていた方が正解なのです。
若干形状が違うので、ハンドルの切れるときに 動きが硬くなってる感じなのです。
でっぱりが短いのです。

続間違ったまま作成中
20170528222814.jpg
この辺から ダンパーをつけるための形状に代わっていますので、パーツが変わっています。
今とは違ってピロボールの部分が大きいですね。簡単に外せなくなっています。

フロントアーム完成です。
20170528224209_1.jpg
取り付け向きだけ注意して完成へと まだ アップライト・・・・間違ってます( ´∀` )

フロントギアボックス周り完成です。。
20170528230203_1.jpg
ところどころに見せる 黄色がなんか 馴染めません なぜこの色にしたのか??
っと 今だに、理解しがたい配色です(笑)

やっとギア周りまでできました。 まだまだ、シャーシ本体がくっつかないと 進んでる感は出ないですね。

[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事


忍者AdMax

ブログ内検索

ここに知りたい事や車名
型番を入れると検索できます

アマゾンサーチ


新規作成動画紹介

楽天でのおすすめ

ツイッター仲間お知らせ

マイページ人気

カスタムCSS

プロフィール

Seronius Tom's
大阪で気軽にラジコンを楽しんでます。ゆる~いラジコンが大好きです。
公園やプライベートコースなどで走らせています。
色々な楽しいことや気が付いたことも書いていこうと思います。最近は色々な物が変化を遂げて進化していますので、化石にならない自分で新しい事にチャレンジしています。
ツイッターもやっていますので、よろしければフォローしてください。新しくトップページ作っています リンクは↓↓
トップページへ移動 

カテゴリ

【トップページ紹介】 (10)
【便利工具】 (6)
【★1/10 ツーリング】 (67)
TT-01 (5)
TA-02 (6)
TA-04  (5)
TA-05IFS (14)
TA-05V2 (3)
TA-06PRO (7)
TA-06MS  (6)
TRF-417v5 (5)
TB-03VDS (10)
FF-03PRO (6)
【★ラリーカー】 (56)
TT-01  (5)
TT-02  (16)
TA-01 レーシングランサー (6)
DF-03Ra (7)
XV-01PRO (8)
M-05Ra (14)
【★ドリフトマシーン】 (106)
TT-02D (17)
TA-02 (2)
TA-05VDF (14)
Sakura D3 (16)
Sakura D4 (17)
TA-06RWD (9)
TT02-FRD (12)
R31-RWD (12)
イチロクM (2)
ドリパケ (5)
【★Mシャーシ】 (112)
M-07 CONCEPT (5)
M-06PRO (3)
M-06R (2)
M-06GRT (6)
M-05PRO→V2化 (23)
M-05PRO S-SPEC (2)
M-05 CF-R テックコンバ (5)
M-04 (2)
M-05+M-06ゴブリン (7)
M-03+M-04ゴブリン (20)
TT-01 Mコンバ (14)
TA-05 MS2 Mコンバ (10)
MF-01X ドリフト仕様 (13)
【★DDシャーシ】 (47)
F-104PRO (8)
F-104PROV2 (6)
Kawada M500 (4)
F-103GT (3)
F-103GTMini (5)
PLAZMA Ra (2)
RM-01 (7)
KT8 (カート) (12)
【★2WDバギー】 (49)
DT-03 ネオマイティ (11)
DT-02 (21)
TRF-201 (1)
SU-01 エアロアバンテ (16)
【★4WDバギー】 (26)
DF-02 エアロアバンテ (6)
TT-02B MS (16)
DB-01 バルドル (4)
【★ビッグタイヤ】 (147)
WT-01 ブッシュデビル (8)
WR-02 ワイルドウイリー (10)
WR-02G ファームキング (11)
WR-02C シティーターボ (10)
WR-02CB グラスホッパー (4)
GF-01 メタルダンプ ランクル (19)
GF-01 クロカン (5)
G6-01 コングヘッド (5)
CW-01 三菱パジェロ (10)
CR-01 ロックソッカー (28)
アグリオス TXT-2 (11)
CC-01 FJクルーザー (24)
Mini&Nano-qlo (2)
【★旧車バギー】 (110)
マイティフロッグ (16)
グラスホッパー (5)
ホーネット (5)
アタックバギー (5)
ワイルドワン (13)
ノバフォックス (2)
ライジングファイター (9)
トマホーク 2WD (6)
ファイヤードラゴン (2)
伝家の宝刀ホットショット (13)
スーパーホットショット (6)
ビッグウイッグ (5)
マンタレイ (4)
アバンテブラックスペシャル (2)
オプティマ→ジャベリン (13)
ホットショットGB-03 (4)
【★京商 Mini-Z】 (26)
MR-03 (4)
MR-02 (2)
MR-015 (1)
MA-010 グリップ (1)
MA-010 ドリフト (1)
MONSTER (1)
MF-010 F1 (1)
ミニッツバギー (1)
コミックレーサー (5)
D-Nano (2)
モトレーサー (7)
【★ハングオンレーサー】 (3)
【☆キングハウラー】 (2)
【★その他ラジコン】 (66)
【★充電器やバッテリーやメカ】 (30)
【★ラジコンボディー作成】 (25)
【★インドア空物(ヘリなど)】 (41)
DJI (6)
レーシングドローン (8)
Parrot (3)
TOYドローン (14)
その他 ドローンネタ (1)
【★スロットカー】 (8)
【★タミヤミニ4駆】 (13)
MA chassis (2)
AR chassis (0)
VS CHASSIS (2)
SUPER Ⅱ chassis (7)
MS chassis (2)
【★スプレーワークス】 (2)
【★カメラ関係アクション&360 CanonM6】 (25)
【★ひとり言】 (54)
【★PCやタブレットやスマフォ】 (18)
未分類 (0)
T3-01 ダンシング (2)