FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Latest Entries

WR-02 足をCB化してワイドにしました。【前編】

2018/11/28 06:42

前回フロントを六角ハブ化したのですが。。 
作製終わってからブログを書くのに時間が経ちすぎて、写真無くなっていました・・
一応 必要なものは、
SP-808 TG10 Rロングホイールアクスル 
OP-345 TL01/M03トーインリヤーアップライト アップライトは使わずに 9mmの六角ハブを使います。 アルミに交換してもいいです
OP-141 軽量キングピン 10.5から11.5に延長します。

これと、組み立て時に余った部品を捨ててなかったら完成します。
詳細リンク↓↓Youtube説明貼っておきます。
友人の作成日記をみたら 細かい詳細が分かります。

ロックソッカーでタイヤだけが余っていたので、
ワイルドウイリー-03
そもそも オフセット+5mmのホイルを買っておけばまマシだったのですが、0mmを買ったので、
タイヤが、シャーシに当たって、切れない状態になっています、、

後ろから見るとこんな感じです
ワイルドウイリー-04
かなり、タイヤがシャーシに近くてもぐり仕様です、、 ホイルも良い値段するので進むか戻るか。。 悩んでいたところです。

シャーシだけを見るとこんな感じで
ワイルドウイリー-05
なんかさらにデフォルメされた感が出ています。走りには影響ありまくりです。ちょっと いかつくなるかな??
なんて思っていたのですが、逆に貧弱に見えています。
まぁ 色々と 下準備無しで思い付きで始めたので、このまま放置してたのです。

救世主ともいえる??パーツ
ワイルドウイリー-06
言えないかな? コミカルグラスホッパーを作っている時にもしかしたら・・と
足回りを変更したら、ワイドになるやんと、スクエアから出ている ワイドのアルミの足だと
結構高いのですが、これなら、安くて・・・・ カスタマーで送料入れて 2600円ぐらいだったかなぁ‥
しかも いつものようにいらない部品がもれなくついてくる。
ランナーが同じで、片方分しか付いてないので、2セットいることに。。
L,N混合なのです。

一応使う部品を仕分けてみると
ワイルドウイリー-07
正直④のNパーツだけで良かったのですが。。。
ほとんど余ってしまうので、サイドのガードはバギーではないので無視して、
①バッテリー止めパーツを使う事にします。
②③を使って、後ろに電気のユニットがつけれるので、これに交換します。
このランナーにマフラーが付いてくるのですが、従来のバッテリーバッテリを抑える部品では
取り付けることが出来ないので、前回も書いたかもしれませんが、コミカルグラスホッパー化は、
無駄なお金がかかりすぎるので、買った方が安い理由は、こういうちょっとしたところが、いっぱい変更になっているのです。

とりあえず本来のシャーシはバスに使っちゃったので、
ワイルドウイリー-08
このシャーシは、適当に組んでいます。。なので、ビスの交換もギアの交換も何もしていない状態です。
テンションが高いうちにパーツの購入に行かないと、もしかしたら、また 眠ってしまったら、触らないかもなので、
一番基礎の部分は、部品交換しておきます。

とにかく解体で!!
ワイルドウイリー-09
一応ビス関係と、サスシャフトぐらいは交換しておきます。

リアの真ん中だけサスシャフトが。。。
ワイルドウイリー-10
余っていたのだと思いますw。 残りはスクリューピンで留まってました。
ギヤボックスのネジも交換したいので、一応全部解体します。
ベアリングは、今回交換しないです^^; 走行性能を競う車じゃなく、
動いて楽しいよね~くらいの 鑑賞走行用でいいので。

タイヤの系がCR用は大きいので
ワイルドウイリー-11
CB作成時に余った銀のスペーサーを入れておきます。8mm程度のものです。
この長さで、ウイリー時の角度が決まります。伸ばすとゆるくなりますし縮めると角度がきつくなります。
タイヤが大きい分かなり 上がると思いますので、 ここに スペーサーを入れておくわけです。
本来なら10mmビスなのですが、18mmビスに交換してつけています。

CBの①②③を付けるとこんな感じです。
ワイルドウイリー-12
ここに LEDを取り付けることが出来るパーツです。 あとあと いらなければ、すぐに外せるので、
これは、いったんつけておきます。

両方付けるとこんな感じですが、、
ワイルドウイリー-13
全体像が見えないので、ピンときませんね。
バッテリーポストの真横にLED来る感じです。 シャーシに穴開けなくて済むので、
これはこれでいいのかもしれません。。。 (無駄に部品が余っちゃうので)

ビス交換ついでにローフリクションを。
ワイルドウイリー-14
これはいつも使うビスです。ちょっと本気の時に使います(違う)

アルミフロントスキッドガードを使ってみようと思います。
ワイルドウイリー-15
もともと クローラーGFに使おうと思って買ったのですが、M03用のバンパーで事が足りてるので、
別につけなくてもいいかなぁと思っていたのですが、 勿体ないお化けが出たので ここに使用します。
取り付けてある車を見た事が無いので、丁度どんな感じか、見るのにとりつけてみます。

説明書通りやればいいのですが、
ワイルドウイリー-16
途中にステイみたいなものをかまします。元々のウイリーバーを残してるのが、なんかちょっと形的にダサく見えます。
とは、外すことはできないので、説明書通りへ、、  後編に続く・・・

[編集]

[スポンサーサイト]

マイティフロッグ キコキコ 言うんですw

2018/11/24 03:14

毎回バギー遊び走行の時は、マイティフロッグです
マイティ-04
バギー走行会もタイミングが悪く結構お流れになり、2カ月に1度くらいの走行になってきましたが、
毎度毎度 マイティフロッグを持って行っているのですが、走行中キコキコと変な音を鳴らしながら、
走るのです。 原因もわからず、ボディーが当たっているのかな??なんて 思いながら
ノーメンテで走らせているので、一度解体して見ようかと。

このフロッグちゃん ワイルドワンとは違って、走らせにくいのです。
ギア比の関係で、一番早いのは、よくわかっているのですが、どうしても、変な癖で走らせられません。

曲がりが、ドアンダーか、スピンの二択です。 ワイルドワンは、つねに スピン状態なので、
走らせれるのですが、マイティに限っては、 毎度曲がりで、二択ミスな感じになります。

ドアンダーだけなら どうにかなるのですがね~。 作り方悪いのかな、、、。

一度解体して見て、
マイティ-05

とにかく 分解分解で、サクサクと解体していきます。

まずは オイルダンパーの洗い直しです。
マイティ-06
ゴムも交換すればいいのかもしれませんが、TRFの物なので、グリーンスライムを塗り直して、
オイルを足して、元の組んだままにしていきます。 パーツクリーナーで洗い流しながら、
やっています。 次回から ドライバーが乗るので半分は、この子が運転してくれるはずです。

解体した物はどんどん洗っていきます。
マイティ-07
パーツクリーナーを使ってどんどん洗っていきますが、 プラスチックには、良くないとか聞きますが、
全然 それで洗っています。 お風呂で歯ブラシで、ごしごしすることもあります。

ベアリングも砂でゴリゴリ言います
マイティ-08
ゴリゴリなのかじゃりじゃりなのか、手で回してみると、意外と回りが悪いです。
ただ、中身がヘタって、ゴリゴリ言う場合と、砂が噛んでいう場合とあるので、
パーツクリーナーの先をベアリングに押し当てて洗ってみて、 砂が落ちて、綺麗に回るようなら
使いますが、もう 全然変わらないようなら、交換します。

一応ユニバーサルも洗っておきます。
マイティ-09
完全にばらして、パーツクリーナーで、色々な物を洗い流して、そこから、再度アンチウェアグリスとネジロック剤でくみ上げます。

キコキコいうやつ ここにおった
マイティ-10
ここのグリスが、カスカスになると、上下の揺れで、キコキコなるんです。
私のだけかな?? なので いったん外して、 このごみ(グリスのカス)を洗い流します。
再度、ミニ四駆グリスを塗って、組み直します。 これで 変な音は解消です。

若干モーターにもゴミはついています
マイティ-11
一応モーター自体も洗っておきます。ゴミも付いているのと、ブラシが溶けて、モーター缶の中にカスが溜まっています
なので これも、パーツクリーナーで洗い流しておきます。 スチールのおかげで、ギアの溶けたカスは、
付いていないので、安心です。 もし交換されていない方は、ここを変えるとギアへのカスの負担が減ります。

この辺に隠れてるストッパーがグリスでコテコテデス。。
マイティ-12
AW(アンチウェア)を塗っているのですが、やはり時間の経過で、コテコテです。普通のグリスで、良いと思うのですが、
ちょっとでも抵抗を付けて、ダンパー効果にしたいのでつけているのですが、モチが悪いです。
ただ、塗りたては、素晴らしいほど、走りが良くなるのですが、何度か走らせると・・・ 全然ダメ男になりますねw
あと この 上下のピンもミニ四駆グリスで、良く動くようにして、完成です。脚は良く動きが一番です。

これで組み上げて完成です。 ドライバー付きw
マイティ-13
作業時間 写真撮りながらなので2時間くらいかかりましたが、リフレッシュしてあげると、
動きが良くなります。これでまた、元気よく走って・・・  いや 次からは ワイルドワンで行こうかと・・。

まとめると
マイティ-14
赤いところに ミニ四駆グリス又はセラミックグリス
青いところに AWアンチウェアグリス
を塗ります。

横向けて
マイティ-15
ダンパーは勿論綺麗にしてあげます。
あとは、この 丸い可動部分に セラミックグリスかミニ四駆グリスを塗ってあげます。

最後に
マイティ-16
モーターの中身を洗い流して(パーツクリーナー)ユニバーサル 又は ドッグボーンを
洗って、グリスを塗って、これで、簡単ですが、メンテ完了だと思います。
砂やホコリは、気が付いたら、中性洗剤で洗ったり、歯ブラシでこすったりしています。

ラジコンもバラしてあげないと、ちゃんと走らなかったりするのです~。 さて、来月新型下ろしますね~。

[編集]

[スポンサーサイト]

WR-02CB コミカルグラスホッパー 完成

2018/11/21 08:21

アルミギヤサポートケースを付けていきます。
Wr-02cb-55.jpg
タイヤが当たった時に、シャーシが、ぱっくり半分に行かないように付けるのですが、
実際にぱっくり行った人は見たことがありません。保険的なものかもしれないのですが、 見た目も
隠れてしまうので、寂しいものです。 ここを買うなら、サスシャフトとサポートブリッジの方が、
重要だと思います。 サスアームが割れて開いてしまうことは、聞いてると多いです。
私自身経験はないですが、割れた瞬間は見た事はあります。
Wr-02cb-56.jpg
ネジが10mmから、12mmに変更になり こんな感じでついています。バンパーが2mmだけ前に付く感じになります。
見た目のドレスアップ効果も少ないですね。まぁ 前はこんな感じでつきます。 
一応 保険という事でついています。

次にサポートブリッジです。
Wr-02cb-57.jpg
これは完全にシャーシが開いてしまうのを防ぎます。 後ろよりも前が重要ですね。
タイヤが大きいので当たった時の衝撃もシャーシには大きく割れてしまうのを防げますね。
この時足回りの取り付けで、ローフリクションビスも取り付けてしまいます。
Wr-02cb-58.jpg
両方取り付けるとこんな感じで、リアのサポートブリッジと付いている向きは、反対になります。

前回のアップライトを取り付けたら
Wr-02cb-59.jpg
もう完成までぐっと近づきますね。 

オイルダンパーを取り付けておきます。
Wr-02cb-60.jpg
少しやってみたいことは、ここに アルミハブキャリア8度というのを付けてみたいです。
プラスチックのCハブと交換して キャスターの角度を増す感じです。
曲がりは弱くなるのですが、直線でのギャップの拾いがマイルドになるので、直線が安定するのですよね~
トーインハブ入れて 曲がり強化して 直線が弱くなったところを走破力でカバーする・・・(脳内セッティングw)
そこから、Cハブの曲がりのダルさをトーインハブで強化されてるので、結果0なのか 2なのか・・・ 
気になるところです。 そもそも あまり関係なかったり・・・ オプションパーツ 入れると必ず良くなるという事も無いので~。

さてさて ピニオンがゲットできたので
Wr-02cb-65.jpg
キット標準の物だとすぐに溶けて、ギヤボックス内がアルミの粉だらけになるので、いつも、これと ベアリングは、
すぐに交換します。 OP509で、このキット ハイスピード化します。 純正は18枚なので、これでスピードアップです。
タイヤ径も小さいので、ピニオンの枚数を大きくしないと WR-02より遅く感じます・・ いや おそいです。

折角ユニバをつけても・・・
Wr-02cb-62.jpg
六角ハブがプラスチックでは、パワーが伝わりません。(そんなことは無いのですが、いや有るはずと信じたい!!)
そこでクランプ式に交換します。 プラのままだと意外と、割れてることが多いです。それに気づかないことも・・
従来のWR-02用の9mmではなく、 Mシャーシや初心者的バギーに使われている 6mmタイプのハブです。
交換するとホイル外した時の(走行中外れた時含む)脱落防止と駆動率効果アップです。硬くなった分たわみも無いのです。
Wr-02cb-63.jpg

緑のホイールのスポークをメタルシルバーで
Wr-02cb-64.jpg
タミヤカラーで、恐らく一番高い 色だと思います。 メッキ感を上げたくて購入しましたが、
フラットメッキのような仕上がりになります。
ただ、スポークはほとんど空けているので色がほとんど無駄に飛んでいきます。。
塗り上げるまで結構な量が失われていきます。。。
今までにない色の質感でカッコいいのですが、正直 この値段。。。って思ってしまうのと、
シルバーリーフという色で綺麗に見えるので、勿体ない気がします。

ホイルを付けるとこんな感じです。
Wr-02cb-66.jpg
結構オプション入れた割には、ノーマルと変わってる感がありませんね。。。
Wr-02cb-67.jpg
サイドガードも取り付けて、これって 新規パーツでした。 ちょっとバギーっぽさが出ていいと思います。
今後マイティやホーネットが出てきてもおかしくないですね。色々と ボディーが出て
80年代の熱い時代をこのコミカルで再現してほしいですね~ アタックバギーとか出たら、また増えそうです。。
GF-01もあるので、コミカルホットショットも可能だと思いますーー。
Wr-02cb-68.jpg
意外とボディーポスト長いので。。
Wr-02cb-69.jpg
2代目先っちょカッターを使ってカットします。意外と、この製品ボロボロになってしまって、
買い直したところです。 ポスト切っちゃうと、ボディー再利用が出来なくなったりするのですが、
切った方が、見た目カッコいいのですぐに 切ってしまいます。 綺麗に切れるので便利です。
一度きり始めると・・・ 全てのポスト切ってますw
Wr-02cb-70.jpg
切った後は白く残るのでこのままでは、目立ってしまいますので
マジックでいいので切った部分を塗って黒くして目立たなくしておきます。
Wr-02cb-71.jpg
ねっ 分からなくなりましたよね~。

初めてのコッパ―塗装
Wr-02cb-73.jpg
意外とコッパ―難しいです。 なんか メタリック部分が重たく感じて、いつも通り吹いても垂れてきますので、
なんか薄めに時間かけて塗らないと ムラが出来ます。 時期的なものかもしれませんが。
ボディーは 先にハサミで切り取って、食器用中性洗剤で洗ってから、マスキングして プレペイントクリーナーで
指紋をふき取ってから塗装の順番です。

塗料缶の蓋の色では、買わなかったと思いますw
Wr-02cb-75.jpg
10円玉の色??って思っていますし、汚い色の想像で、さらに 缶の蓋を見ると 買う気はわかないのですが、
友人のブロンコがコッパ―塗装してるのを見て、かっこよかったので、 今回のグラスホッパーをコッパ―塗装で。
オレンジメタリックなイメージな色です。
Wr-02cb-76.jpg
なkなか 渋い気がします。 もう一人の友人は、サテンシルバーでかなりピカピカなカッコいい色なので。。
銀と銅がそろったてことは、 私のウイリーは ゴールドにしないと。。。
この車試運転してきましたが、よく走ります。コンクリート路面ではグリップが良すぎて、こけてしまいます、、、
草の上は、バッタのようにひょこひょこ走って可愛いです。 ハイスピードギアでもうちょっと 速度を上げたいのですが、
砂地をまだ走らせていないので、転げなければ、スピードアップと車高を下げようと思います^^
[編集]

[スポンサーサイト]

WR-02CB コミカルグラスホッパー作成 フロントからダンパーから ユニバまで。。

2018/11/20 03:36

フロント回りを作成していきます。
Wr-02cb-32.jpg
ここが 8mmの延長でダンパーの穴が2個あります。 WR-02用にもカスタマーで取り寄せたので、
次回延長させたいと思います。

軽量キングピンセットを使います。
Wr-02cb-34.jpg
まぁ軽くなるのですがこれが、走行に影響出る感じではないです。なんんかちょっと カッコいいかな??ぐらいの気持ち
で取り付けています。
ホイールアクスルは、短かった!
Wr-02cb-35.jpg
六角ハブ仕様にはなっていますが、従来のWR-02Gとは違って、アクスルシャフトは、短いものを
使用しています。

先にオイルダンパーを作っていきます。
Wr-02cb-36.jpg
コンペティションOリングを使います。 CVAでも効果絶大です。
スムーズに動くようになるので感動しました。正直 こんなものが??? って思っています。
しかも、思ってるより高価なものなので、躊躇しますね。でも価値ありです。

最近の皿のついたシャフト仕様です。
Wr-02cb-37.jpg
昔と違って、Eリングで止めて使うシャフトタイプと違って、簡易的なダンパーになっています。
作りやすいので、これでいいと思うのですが、精度は期待以下なので、有るか無いかでいうと、
有ってくれる方が良いのです、ぐらいな感じです。 Oリングでパワーアップさせます。

黒のOリングって??
Wr-02cb-38.jpg
使わないのですが、気になる 色のOリングです。 従来は 茶色の物が、ダンパー用で、
黒いものは、ボディーのミラーを留めたり ウイングを留めたりするイメージなので、ちょっと
ダメな方の気が何となくしてます。。。。ここが 傷んだり膨張したり、カピカピになったりすると、
動きがスムーズじゃなくなります。

友人仕様のを作っているのでダンパーは交換しませんが、、
Wr-02cb-39.jpg
WR-02用ダンパーは、シリンダーが長いのです。ブログ作成途中に見えますが完成して、実際は走行していますので、
アルミダンパーに交換した場合は、Oリングを内部に入れてしまわないと、リバウンド量が多すぎて、
動きが機敏ではなくなります。 好き好きだと思いますが、シャフトに通して、リバウンド量を減らすことを
お勧めします。

オイルをなみなみといれたら
Wr-02cb-40.jpg
意外と初心者の方で、満タンに入れない人もいるのです。勿体ないらしくて、
このオイルは、ピストンの動きを滑らかにしているのではなくて、満タンに入れて、
シャフトとシリンダーのオイルの隙間を抜ける動きで、調整しているものなので、少ししか入れてないと、
意味が無いのです。なので、空気が入らないようにして オイルシールを上手く被せます。
このCみたいなやつで車高を調整してやるのです。
Wr-02cb-41.jpg
意外とこの部品 ダンパーを硬くしてると勘違いしてる人が多いのですが、これを付けたところで、
硬さは全く変わっていません。バネにテンションがかかるので 車がグッと持ち上がる感じがするとは思うのですが
車高が変わるだけなので、実際に、硬さを変える場合は、バネセットを交換しないと意味が無いです。

さて 完成したので、リアにつけましたが
Wr-02cb-42.jpg
個人的に思うのですが、この色。。。似合ってないですね。車が白のボディーならいいのですが、
なんか ここだけ浮いて見えるんですよね~。 

ユニバーサルパーツが届いたので組みます。
Wr-02cb-43.jpg
46mmのシャフトが必要になります。 実際使われてたパーツは、少し前のツーリングのユニバーサルなので、
何度も言いますが、WR-02用のユニバーサルは、短くて使えませんので気を付けてください。

アンチウェアグリスを塗っていきます。
Wr-02cb-44.jpg
ラジコンをやってると、色々とアドバイスがあります。ただ 一貫性が無いのです。
操作技量に合わないセッティングもありますし、こっちが良いよっていうのが、
合わなかったり人によって違ったりとしますので、私は、まぁ 普通に組んでます。
ここ 塗らない方が、石が付着無くて摩耗しにくいって言われたり、グリスを軟らかくしないと抵抗になるって言われたり
様々ですが、ユニバを買うともれなくついてくる AWグリスを少々塗っておきます。
これは、人それぞれです。

完成です。 関節が繋がって一つの部品になっています。
Wr-02cb-45.jpg
なんでこれを付けてるのか??
① 脱落防止になります。
② 繋がった関節になるので、無駄な遊びが無くなるので、加速伝達が素早い。
③ ジャンプや、曲がりなど 車体の動きが変わっても稼働領域が上がるので、変な力が加わらないので、
  車がスムーズに動いてくれる。
私が思う所は、こんなところです。 特に競走車に仕上げるのは、交換した方が、車の動きが良くなります。

こんな感じで、可動域が増えます。
Wr-02cb-46.jpg
見た目にはわからないですが、標準の物は、関節の限界が来ると、変な力がかかって 左右で回転に
差が出てきます。これが、 曲がりにくい理由になってきます。 (違いが分かりにくい人もいるようですが。。)

両方付けてみましたが差が分かりませんね、、
Wr-02cb-47.jpg
この写真では分かりませんが、ドックボーン(左)が カタカタと左右に動きます。
そして モーターからの伝達が、 カタ、カタ、と 二つ経由して動き出します。
逆にユニバーサルは(右) 左右には動かないのです。 また モーターからの伝達が カタっと一回ですみますので
気持ち加速感がかわります。 ヘタって来たら削れて来るので、なおさら 動きにむらが出来ますね。

トーインアップライトです。 最近のタグの印字は
Wr-02cb-48.jpg
G6-01 WR-02と書かれていますね。 GF-01はどうしたのでしょう、 つきますが、必要性が。。なのでしょうか??
ちょっと謎です。

この部品左右が有りますので間違わないように
Wr-02cb-49.jpg
LR有りますので、反対にも付きますので、そうなると、 効果は全く逆になります。
さてこの部品必要なのか?? もちろん 普段 公園で ウイリーって遊ぶ分には、
全く必要性は、感じません。 所が、同じ仕様で友達と競争するならば、この部品によって
相手を抜くアプローチが変わるので、つけると楽しいです。

取り付けるとこんな感じで違いが出ます。
Wr-02cb-50.jpg
右側がトーインアップライトで左側が純正です。 どうでしょうか?? 右側が 2度傾くのです。
写真では上に上がった感じになっていると思います。
これが、違うと 曲がる時の踏ん張りが良くなるのです。 なので、曲がりが強くなるのです。ただ、
何かを得ると何かが無くなる部品でもあって、この 2度の曲がってるおかげで、
タイヤが直進上抵抗になるので、ちょっと気持ち遅くなります。
ということで、 コーナーで仕掛けるために付けるのか、
直線優位で付けないのかは、自由です。 ちょっと この部品だけでも 差が出て 楽しいでしょ??
というわけで、この車 曲がり勝負仕様にしています。

付いてない車は無い!!という ハイトルクセイバー
Wr-02cb-51.jpg
まぁ これは、必須アイテムですね。 旧車でつかないもの以外は、 全ての車にはついています。
これが無いと、純正品では、曲がったまんまになったりするので、 直線なのに曲がっていったり、
車の車種によっては 切り負けして、曲がってくれなかったりしますが、
これを付けると、車の動きが、ダイレクトにハンドルから伝わるようになります。
さて 何かを得ると。。。の話ですが、 この部品によって、 サーボに伝わるダメージが上がります。
なので、ぶつけたら、 サーボのギアが割れてしまったりするのです。 動きの良いのを取るか、
ぶつけてもダメージの低い安心を取るかですね。
動かしやすい車で練習するか、 変な動きをする車で練習するか どっちが、
いいかというと・・・ 新車なのか??、事故車なのか??。。です。

可動が基本なので
Wr-02cb-52.jpg
このピロボールと、サーボの中が プラスチックではなく、メタルギアなら、この
ネジロック剤を使います!。 金属同士は、振動などでも緩んでくるので、ネジロック剤で緩みを抑えます。
これを塗ると緩みにくくなります。 この赤いタイプは、固まりますが、ドライバーなどで、
普通に回すとネジが回るので、使い勝手が良いです。

意外といるんです。 アルミサーボステイ
Wr-02cb-53.jpg
折角ハイトルクサーボセイバーで、ハンドル伝達を良くしても、この サーボステイ
純正品は、軟らかいパーツで出来ていまして、 ハンドルをきると 根元が、動くのです。。。
それを 動かなく固定してやるものです。 しっかりした、ハンドル感になるので是非試してほしいです。
これは、競争などに関係なく、操作感アップなので、車が、ちゃんと言うこと聞いて曲がるようになります。

サーボに取り付けですが。
Wr-02cb-54.jpg
サーボの大きさによって変わるのかもしれませんが、 写真で見えない向こう側が面一になっています。
ここが実は重要でこの ネジの止める位置によって、シャーシにつけた時に 真ん中にサーボが来ないといけないのです。
なので、いったん ここで、サーボステイをサーボに付けますが、シャーシに取り付けた時は、真ん中に来るように、
ちゃんと調整する必要性があります。
長くなりましたが、こんな感じです。 次回完成まで行けるといいな。。。 ご視聴ありがとうございました。

[編集]

[スポンサーサイト]

WR-02CB コミカルグラスホッパー作成 リヤ周り完成まで

2018/11/12 16:23

ギヤボックス完成していました。
Wr-02cb-11.jpg
ここ 作成してなくていいのに・・ いつも 思いながら 何台か作っています。 GF-01は、最初から組み立てなので
良いのですが、組み立て済みは不便なこともあります。 ベアリングを入れるのに解体するのですが、
グリスが塗られているため、高い確率でべとべとになる。 ブログをやると、カメラも汚してしまうので、
結構手洗いで面倒です。 また、個人的に、ビス交換をするので、 タッピングであいていない方がネジ穴が
ボロボロになるので、未組み立てが良いです。
Wr-02cb-12.jpg
本体5本 ギヤ3本 モーター2本で止まっています。 モーターマウントを付ける場合は、専用のビスになるので、
用意しなくても大丈夫ですね。 
Wr-02cb-13.jpg
ギヤはこんな感じです、バラして、メタル プラ共にベアリングへと交換します。使用個数はここでは全部で8個です。
余る場合は何処か忘れています。 
Wr-02cb-14.jpg
ここに軽量ギヤシャフト刺さっています。 重さが5g減ります。 2本交換するので、10gの重さの変更になります。
私自身重さの変更を感じられるほどのスキルは無いので、まぁ 変えたんだなくらいにしか思わないですね。
友人含め現在3台も同じ仕様なので、走り比べもできないので、更に分からないものになっていますね。
Wr-02cb-15.jpg
真ん中を指して、左のギヤを置いてから 左右のギヤを指す順番ですね。間違えてもやり直せば
すぐに、出来ますので、大丈夫です ただ 入れるときに ベアリングが外れやすいので、転がって気づかないという事が
無いようにしっかり見ながら組んでいます。この ウイリーは ギヤにアンチウェア(AW)を塗っていません。
ギヤを分解してAWを半分ぐらい入れると程よい硬さになるので、私の車はどれも入れています。
この車は依頼品なので、入れないでおきます。私自身のは、入れますので、走りの差が出そうです。
AWを入れると さてどうなるのか?? ギヤが硬くなっていきます。量に応じて変わりますが、
ずーっと硬さが持続もしないので、時々足す必要があります。で効果のほどは、コーナリングが悪くなりますが、
立ち上がりが良くなります。 また スタックにも強くなります。 これで、曲がりの勝負を違うアプローチで仕掛けていけるように
変更しています。
Wr-02cb-16.jpg
ネジを締めて これで完成です。 とまぁ ここまでは、従来の WR-02シリーズと何の変化もないです。
ここから、足回りに行きますが、

足回りの部品が変更されています。
Wr-02cb-18.jpg
ダンパーの付け位置が3カ所に増えています。またリア周りは、8mm 延長されているので、従来のWR-02につけると
ワイド化が出来るようになっています。 このキットに関しては、ホイルがもぐっているので、ワイド化の用にはなってないです。

ステンレスサスシャフトを付けます。 TL用では無い方を使います
Wr-02cb-20.jpg
アルミサポートブリッジを付けていこうと思います。
これによって タイヤをぶつけた時に、テコの原理で根元が割れてしまうとい状態を防ぐことが出来るようになります。
2個買った方は、どっちもつけれますが、予算の都合で、1つの場合 どちらかというと 前の方が割れやすいです。
後輪を割った方は、まだ 見た事が無いです。
Wr-02cb-21.jpg
リアとフロントでは向きが変わります。 どちらにつけても、行けると思いますが、 このキットの場合ウイリーバーが
当たってしまうので、リアはこの向きにつけます。 
※この向きは、上下反対に見せています。 走る時は、この向きじゃないので。

ローフリクションビスの取り付けです。
Wr-02cb-22.jpg
M-05を作成時に使ってから、やめられなくなっています。 効果より見た目で付けていますが、
前後分2セットいります。
さて、ローフリクションビスって?? 摩擦抵抗を少なくしたビスです。
足回りは、スルスル動く方が、より正確にダンパーに情報を伝えることが出来るのです。
なので、片方が硬くなったりすると、同じようにダンパーがうごかなかったりするのです。
ただ。。。そこまで こだわっては作ってないので。。。 効果のほどを感じてるわけではありません。
無いよりはある方が良いのだろうとは思っていますし、部品によっては、何かをプラスにするために
何かをマイナスにする部品が多いとは思うのですが、この部品のマイナス要素は、見当たらないので良いと思います。
Wr-02cb-23.jpg
足の可動部分につけていきます。

アルミウイリーローラって いる??
Wr-02cb-24.jpg
一応ベアリングになっているので、転がりが良くなり ウイリーの持続が少し上がるとは思います。
また、立ち上げで フロントを上げてしまってそのまま加速しても 抵抗がましになる感じですね。
プラスチックと違って、ゴムタイヤに変更になるので、コンクリートでの 「がぁぁぁーーー」という音も軽減されます。
競争目的なのであまり、ウイリーをしないように、走らせたいので、いるのかな???
後ろのゴムは、ミニ四駆のものなので、 青に青は・・・・なので、のちに、黒いタイヤに交換します。

ウイリーを付ける前に
Wr-02cb-26.jpg
ギヤケースサポートをつけます。 サポートブリッジで強化してるので、ギヤケースも開きにくくします。
これも、ギヤを開いてる人を見た事はないですw 
ギヤケースサポートに、ネジが付いています。しかしながら、CBのキットには、延長ポストが付いているので、
それに対応するためのネジの長さが、3mm×20mmが4本必要になります。 もともとキットには3×18mmついていますが
バンパーサポートの厚みが2mmあるので、 そのまま使うと ネジの掛かりが浅くなります。 激しいウイリー時に、
破損しないか心配になるので、交換お勧めです。 また フロント交換の場合は3×12mmですが、ヘックスに交換しない場合は
付属の物で行けます。
Wr-02cb-27.jpg
取り付けるとこんな感じです。

ユニバーサルシャフトについて
Wr-02cb-28.jpg
今回は、部品が間に合っていませんので、商品が入荷次第、組み替えます。
考察で書きましたが、長さが変わっているので、従来のWR-02用では、使用できません。
Ta-05用の部品で使えるようになりますので、間違わないように購入してください。
また M-05用のアクスルも使えますので、 一度見てみてください。
脱落防止もそうですが、加速、旋回に、かなり貢献しているパーツですね。
部品の部類としては、値段がかかるほうだと思いますが、操作のやりやすさも、アップするので、走らせ安くなります。
Wr-02cb-29.jpg
リヤ周り完成です。キット自体の大きな変更点は、足の長さが変わったという事です。
次回この車、トーインアップライトとユニバーサルの変更で部品を入れ替えますので、その時に詳しいことは、書きます。
Wr-02cb-31.jpg
そういえばリアのサスアーム側が、飛び出た感じにダンパーが付くようになっています。
初めて作る方は、気にしなくても大丈夫な情報ですが、以前の作成から気になっている方は・・・
まぁ そうなんだ~ くらいの情報かな?w ツーリング用やM用と色々な オイルダンパーが使えると思います。

[編集]

[スポンサーサイト]


忍者AdMax

ブログ内検索

ここに知りたい事や車名
型番を入れると検索できます

アマゾンサーチ


新規作成動画紹介

楽天でのおすすめ

ツイッター仲間お知らせ

マイページ人気

カスタムCSS

プロフィール

Seronius Tom's
大阪で気軽にラジコンを楽しんでます。ゆる~いラジコンが大好きです。
公園やプライベートコースなどで走らせています。
色々な楽しいことや気が付いたことも書いていこうと思います。最近は色々な物が変化を遂げて進化していますので、化石にならない自分で新しい事にチャレンジしています。
ツイッターもやっていますので、よろしければフォローしてください。新しくトップページ作っています リンクは↓↓
トップページへ移動 

カテゴリ

【トップページ紹介】 (10)
【便利工具】 (6)
【★1/10 ツーリング】 (67)
TT-01 (5)
TA-02 (6)
TA-04  (5)
TA-05IFS (14)
TA-05V2 (3)
TA-06PRO (7)
TA-06MS  (6)
TRF-417v5 (5)
TB-03VDS (10)
FF-03PRO (6)
【★ラリーカー】 (56)
TT-01  (5)
TT-02  (16)
TA-01 レーシングランサー (6)
DF-03Ra (7)
XV-01PRO (8)
M-05Ra (14)
【★ドリフトマシーン】 (106)
TT-02D (17)
TA-02 (2)
TA-05VDF (14)
Sakura D3 (16)
Sakura D4 (17)
TA-06RWD (9)
TT02-FRD (12)
R31-RWD (12)
イチロクM (2)
ドリパケ (5)
【★Mシャーシ】 (112)
M-07 CONCEPT (5)
M-06PRO (3)
M-06R (2)
M-06GRT (6)
M-05PRO→V2化 (23)
M-05PRO S-SPEC (2)
M-05 CF-R テックコンバ (5)
M-04 (2)
M-05+M-06ゴブリン (7)
M-03+M-04ゴブリン (20)
TT-01 Mコンバ (14)
TA-05 MS2 Mコンバ (10)
MF-01X ドリフト仕様 (13)
【★DDシャーシ】 (47)
F-104PRO (8)
F-104PROV2 (6)
Kawada M500 (4)
F-103GT (3)
F-103GTMini (5)
PLAZMA Ra (2)
RM-01 (7)
KT8 (カート) (12)
【★2WDバギー】 (49)
DT-03 ネオマイティ (11)
DT-02 (21)
TRF-201 (1)
SU-01 エアロアバンテ (16)
【★4WDバギー】 (26)
DF-02 エアロアバンテ (6)
TT-02B MS (16)
DB-01 バルドル (4)
【★ビッグタイヤ】 (146)
WT-01 ブッシュデビル (8)
WR-02 ワイルドウイリー (9)
WR-02G ファームキング (11)
WR-02C シティーターボ (10)
WR-02CB グラスホッパー (4)
GF-01 メタルダンプ ランクル (19)
GF-01 クロカン (5)
G6-01 コングヘッド (5)
CW-01 三菱パジェロ (10)
CR-01 ロックソッカー (28)
アグリオス TXT-2 (11)
CC-01 FJクルーザー (24)
Mini&Nano-qlo (2)
【★旧車バギー】 (108)
マイティフロッグ (16)
グラスホッパー (5)
ホーネット (5)
アタックバギー (5)
ワイルドワン (13)
ノバフォックス (2)
ライジングファイター (9)
トマホーク 2WD (6)
ファイヤードラゴン (2)
伝家の宝刀ホットショット (13)
スーパーホットショット (6)
ビッグウイッグ (5)
オプティマ→ジャベリン (13)
マンタレイ (4)
ホットショットGB-03 (4)
【★京商 Mini-Z】 (26)
MR-03 (4)
MR-02 (2)
MR-015 (1)
MA-010 グリップ (1)
MA-010 ドリフト (1)
MONSTER (1)
MF-010 F1 (1)
ミニッツバギー (1)
コミックレーサー (5)
D-Nano (2)
モトレーサー (7)
【★ハングオンレーサー】 (3)
【☆キングハウラー】 (2)
【★その他ラジコン】 (66)
【★充電器やバッテリーやメカ】 (30)
【★ラジコンボディー作成】 (25)
【★インドア空物(ヘリなど)】 (41)
DJI (6)
レーシングドローン (8)
Parrot (3)
TOYドローン (14)
その他 ドローンネタ (1)
【★スロットカー】 (8)
【★タミヤミニ4駆】 (13)
MA chassis (2)
AR chassis (0)
VS CHASSIS (2)
SUPER Ⅱ chassis (7)
MS chassis (2)
【★スプレーワークス】 (2)
【★カメラ関係アクション&360 CanonM6】 (25)
【★ひとり言】 (55)
【★PCやタブレットやスマフォ】 (18)
未分類 (0)